ブログ

夏場の塗装作業、換気はできる?

このご時世、室内の換気は重要です。

特に夏場は、室温が高くなるため換気は欠かせません。

塗装リフォーム中の屋内の換気について、お客様から疑問が寄せられることがあります。

基本的に窓は閉めたまま

外壁塗装を行う場合は、足場を組み、職人の足元を確保したうえで安全に作業を行います。

また、塗装を行うときは塗料の付着を防ぐために、窓に養生シートを付けるため窓は閉めたままになります。

ただし、室内の環境を悪くするため、工期中ずっと窓を閉めたままにすることは得策ではありません。

工期中、足場を組む日や中塗り・本塗りを行う日はどうしても換気はご遠慮いただくことがありますが、そのほかの日は窓を開けることができます。

ただし、工事中のごみなどがお部屋に入り込む可能性もありますので、網戸を使って短時間の換気をおすすめします。

換気扇に関しても、使用できるよう配慮をいたしますので、工事を行う日にお声がけください。

塗料のにおいはどうしての家の中に入りますので、換気扇を使って換気を行うことをおすすめしています。

お客様の中には、空気清浄機でにおいを消すことを検討される人もいます。

塗料に含まれているホルムアルデヒドなどは空気清浄機では分解されにくいので、残念ながら使用は無意味です。

洗濯物は配慮します

洗濯物は毎日発生します。

その日のうちに乾かなければ、ストレスになることもあるでしょう。

洗濯物は、作業の工程上お断りせざるを得ない日も出てきますが、外干しができる日もあります。

配慮もいたしますので、ご相談ください。

しかし、施主様側のプライバシーの問題もあるでしょう。

工期中の洗濯物は、外干しよりも、部屋干しやコインランドリーを使用いただくことも一案です。

塗装期間中の対処法

塗装期間中は施主様側のストレスが生まれることが予想されます。

そのストレスを軽減するための、対処法を紹介します。

・職人と工期スケジュールについて打ち合わせをする

・できるだけ、外出を検討する

一番は「工期スケジュール」について打ち合わせを行うことです。

窓を開けてもよい日や換気ができない日について目安がわかります。

換気ができない日は、外出を検討いただくとよいでしょう。

外壁塗装の際は施錠をしっかりしていただければ、施主様の外出も可能です。

臭いや音に悩まされることなく時間を過ごしていただけます。

翼工業では、工期スケジュールに関して丁寧な説明を行い、施主様の不安をなくします。

どうぞお気軽にご相談下さい。

URL
TBURL
Return Top