ブログ

塗装用の塗料に規制ってあるの?等級規格を紹介します

翼工業で使用する塗料は、メーカーや種類など多岐にわたります。

塗装工事の際に気になるのが塗料(有機溶剤)の臭いではないでしょうか。

この臭いなどの成分がのちのシックハウス症候群につながる可能性があり、塗料業界でも法規制が敷かれています。

塗料や塗装に関する化学物質規制

「シックハウス症候群」とは住宅内でみられる健康被害の総称です。

アレルギー疾患や喘息、そのほかの症状がみられます。

マイホームでこの症状に見舞われれば、生活の質が著しく下がってしまいますし、家に住めなくなるという弊害が生じます。

これらの原因として、ホルムアルデヒドやトルエン、パラクロロベンゼンなどがあげられます。

塗料や塗装に関するアイテムにもこれらの化学物質が含まれており、建築基準法では、塗料や塗装に関連する物質の中に含まれるホルムアルデヒドが規制対象として指定されました。

ホルムアルデヒドは毒性が強く、揮発して人体に取り込まれる可能性が否めません。

また、発がん性物質としても特定されているため注意が必要です。

塗装を行う側としても健康被害に見舞われるのは困るため、安全性の高い塗料を選択し、対策を講じたうえで塗装作業を行います。

建築基準法によって表示される等級表示

建築基準法の定めにより、建材用の塗料にはホルムアルデヒドの放散に対する等級規格がなされています。

放散が少ないものほど安全であることを示すために『F☆☆☆☆』というFスターで等級を表すようになりました。

最も放散量が少ないのが、『F☆☆☆☆』で、星の数が減るほど放散量が多いことを示しています。

この等級に応じて、使用面積について制限が設けられているため、施工する際には面積との兼ね合いを踏まえて塗料選びが求められます。

『F☆☆☆☆』の塗料は使用面積に制限がありませんが、星が減るごとに使用できる面積が限られてしまいます。

等級が低い塗料は安価なものになりますが、屋根や外壁の面積との関係によって使用できない場合もあります。

もちろん、Fスター等級が高い塗料を使っても臭いがありますし、ホルムアルデヒドの放散は発生します。

ただし、塗料が固まるまでに放散はほぼ完了し、臭いも収まります。

その時間は24時間程度とされているため、不安に思うことはありません。

翼工業では、独自に行った曝露試験を経て、耐久性なども兼ね備えた塗料を見極め、安全で安心できる品質の高い塗料を提案しています。

湘南エリアで安心できる外壁塗装のお店を探している場合はぜひ翼工業へお問い合わせください。

URL
TBURL
Return Top