ブログ

塗装前に気を付けて!白亜化・チョーキング現象

お住いの外壁を触ったときに「塗装のタイミング」を知ることができます。

また、外壁がどのような状況にあるのかを知ることも大切です。

この記事を読んだ後、お住いの外壁を触ってみるとよいでしょう。

白亜化/チョーキング現象とは?

外壁などを触ったときに、手に白い粉がつくことがあります。これは「白亜化(はくあか)」、もしくは「チョーキング現象」と呼ばれるものです。

塗装の表面層にある樹脂が劣化し、粉のように変化したのちに消耗する現象やその状態を指します。

鉄筋コンクリート建の住宅などにみられる状態で、コンクリートに含まれるアルカリ成分が流出している可能性もあります。

この場合は、ひび割れの可能性もあるため、戸建劣化診断士による住宅診断を受けることをおすすめしています。

単純に「古くなった」というだけではなく、この症状が認められれば、そろそろ塗り替え塗装のタイミングだととらえましょう。

その原因

ここでは、塗装に関する白亜化(チョーキング現象)に特化して原因を紹介します。

・風雨や太陽の熱、紫外線にさらされた結果で起こる塗料の劣化

・地域の条件に対応した塗料が選択されていない

経年劣化というのが一番の原因になりますが、湘南エリアは塩害の可能性もプラスされています。

白亜化をそのままにしておくと、防水性に難が出てきます。

雨が降ると外壁がその水分を吸ってしまうため、変色やカビ・アオコの発生も懸念されます。

状態によっては外壁が腐食する可能性もあるので早めの対処が必要です。

手に少量の粉がつく場合は「塗り替えの検討」といった段階ですが、手に大量の粉が付き洗い落とすのに時間がかかるという場合は、塗料自体の劣化が進んでいる状態です。

できる限り早く塗り替えを行うことをおすすめします。

ただし、外壁によっては白亜化が起こらないものも存在します。

「手に粉がつかないから大丈夫」ではなく、新築後10年間を目安に専門家の診断を受けられるとよいでしょう。

塗り替え作業のフロー

白亜化が進んだ外壁の塗り替えには、いくつかのフローがあります。

1.高圧洗浄機で外壁を洗浄

2.場合によってはすべて剥離をしたうえでコーキング材の打ち直し

3.下地の塗りなおし、中塗りと上塗りを行い完了

施主様の外壁の状況によって工事のフローが変わることがありますが、こちらが一連の流れです。

湘南地域(茅ヶ崎市、寒川町、藤沢市)で外壁のお悩みを持つ方は、気軽な相談からでも翼工業をご利用ください。

URL
TBURL
Return Top