おすすめ塗料

フッソUVコート、その驚きのパフォーマンスとは?

一般的なフッ素系塗料について

外壁や屋根の塗料には様々な種類があります。

その中で、最も耐久性に優れた塗料、それがフッ素系塗料です。

フッ素塗料にも、また色々な種類がありますが、フッ素塗料の一般的な特徴をみていきましょう。

フッ素塗料は、耐久性に優れている分価格も高価なため、なかなか塗り直しができない高層マンションやビル、大型商業施設や公共施設の外壁塗装などに採用されてきました。

一般家庭にはあまり普及していませんが、イニシャルコスト(施工時の費用)が多少高くついても、高耐久で長持ちするため、その分ランニングコスト(維持費用)は安く済みます。

このため、長く外観を維持したい、という家庭にも徐々に取り入れられるようになってきました。

一般的なフッ素塗料の特徴は、まず「高耐久」なこと。

外壁と塗膜の間に隙間を作らないため、外壁の雨風による劣化を最小限に抑えられます。

同じ高耐久塗料として普及しているシリコン系の約1.5倍ほど長持ちするといわれています。

塗り替えまで、20年くらいは美観を維持することも可能です。

「耐候性」つまり、紫外線など天候からくる劣化にも強く、直射日光による塗膜表面の温度上昇にも強い「耐熱性」、カビやコケなどがつきにくい「抗菌性」にも優れています。

さらに、汚れが付着しにくい「親水性」、クラックができにくい「防水性・弾性」を兼ね備えている塗料もあります。

メリットとしては、上記のようにランニングコスト(メンテナンス回数)を減らせるということがあります。

また、フッ素塗料の耐久性には定評があるため、保証期間が長いことなども挙げられます。

ただし、注意が必要なのは、塗装業者によっては、少しでもフッ素が入っているとフッ素系塗料として扱い、実際には低品質な塗料で施工するなどといった事例もあるようです。

こういったことを防ぐためにも、国産の安心できる高品質なフッ素塗料を選ぶことが大切です。

「フッソUVコート」のパフォーマンスについて

そこでおすすめなのが「フッソUVコート(シリーズ)」です。

一般的なフッ素系塗料は、外壁との相性は抜群ですが、屋根塗装に用いた場合には、やや効果が落ちる傾向があります。

しかし、その点この「フッソUVコート」は、外壁、屋根塗装ともに高い効果を発揮できる特徴があります。

さらに光沢にも優れ、「超親水性」により汚れも付きにくく、「弾性」があるのでヒビ割れもしにくい優れものです。

さらに高品質な上にコストパフォーマンスにも優れています。

施工費用等、詳細については、高品質の施工を旨とする、地元の優良塗装店「翼工業」に、是非お気軽にご相談下さい。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top