ブログ

ジョリパット、カラバリやデザインも豊富な夢の外壁材

ジョリパットとは?

ジョリパットは、アイカ工業製の外壁材の商品名です。

外構に使用するガーデンジョリパット、基礎施工のためのジョリパット基礎コート、内装用のジョリパットアートなどもありますが、メインは外装用、塗り壁に用いられるものです。

現在は、施工の手間がかからずコストパフォーマンスにも優れていることから、サイディングの外壁を採用している住宅が主流で、建売やローコスト住宅などでは、塗り壁はほとんどみられません。

しかし、昔ながらのモルタルやこのジョリパットなどを用いた塗り壁は、やはりどこか親しみやすく、ほっとできるような魅力があるため、根強い人気があります。

また、モルタルは日本家屋的な良さがありますが、 ジョリパットは洋風建築的な雰囲気も表現できるので、近年シェアを伸ばしてきました。

ジョリパットのメリットとデメリット

塗り壁というと、施工の手間もかかるため、やはり予算的には高くつきます。

しかし、ジョリパットは、塗り壁の中でも比較的予算を抑えた施工が可能です。

メリットとしては、まずデザインや機能性の選択肢が豊富なことです。

レンガ調やあえて塗り痕を残して手塗り感を活かしたデザイン、洋画に出てくるような個性的でオシャレなカラーリングなど、人とは一味違ったこだわりや住宅への夢を表現できるのがこのジョリパットです。

その他のメリットとしては、耐久性が挙げられます。

デザインやカラーだけでは、外壁材としては失格です。

その点、ジョリパットの製造・販売メーカーであるアイカ工業は実績のある優良企業であり、常に商品開発やサービス向上に努めているので、安全性や耐久性などにも定評があり、安心です。

通常、外壁塗装の塗り替えの目安は、大体10年といわれています。

しかし、このジョリパットは、地震など不測の事態による影響を除けば、15年以上は耐久性をキープできます。

柔軟性のある素材を使用しているため、クラックの発生率も他の外壁材に比べて少ないでしょう。

デメリットといえば、デザイン性の高い凹凸を活かした表面に汚れが付着しやすいこと、そのために定期的な洗浄の手間がかかることくらいです。

また、汚れやすいので、色がくすみやすい傾向も若干あります。

しかし、色褪せも経年劣化ととればデメリットですが、味や雰囲気が出てきたととらえればメリットといえます。

いずれにしても、耐久性は長持ちするので、15年前後で一度、色のくすみが気になったら塗り替えれば良いでしょう。

ジョリパットは選択肢が非常に豊富な商品ですので、その点に関しましては、地元の優良企業「翼工業」に、是非、お気軽にご相談下さい。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top