ブログ

コーキングとは?メンテナンスの方法と目安

コーキングとは?

住宅の外壁材には、色々な種類があります。

主なものとしては、サイディングボード、ALC(軽気泡コンクリートパネル)、昔ながらのモルタルなどです。

このうち、モルタルを除いて、ほとんどの外壁材の場合、ボードとボード、パネルとパネルの隙間に緩衝材として、ゴム状のものを充填する必要があります。

この緩衝材の充填工法を、コーキング(またはシーリング)といいます。

モルタルの場合は基本的にはコーキングは使用しませんが、ハウスメーカーによってはサッシ周りなどに施すこともあるので、現在ではこのコーキングと無縁の住宅はほとんどないといっていいでしょう。

コーキングの主な役割は、外壁材の接ぎ目(目地)を埋めることにより、雨水の浸入を防ぐことです。

雨漏りというと、屋根からというイメージが強いかもしれませんが、外壁の傷みから水が染み込んで、梁や柱、鉄筋まで腐食させてしまうこともあります。

また、コーキングには、外壁の接ぎ目のクッションとしての役割もあり、家を地震など振動による傷みから守ってくれます。

家を長持ちさせるためには、コーキング部分の定期的なメンテナンスが重要です。

メンテナンス法とその目安

一般的に外壁の塗り替えの目安は、凡そ10年といわれています。

これに対して、コーキング部分の傷みの周期は5~7年くらいですが、現実的には、外壁の塗り替えの際にコーキングのメンテナンスも同時に行うことが多いです。

劣化の症状としては、コーキングが痩せて、目地に隙間ができてしまう。

あるいは、コーキング自体に裂け目ができてしまうなど、いずれにしても、十分な防水機能を果たせなくなります。

目地がしっかりとコーキングで塞がれていれば、多少変色等があっても問題はありません。

しかし、隙間ができてしまった状態は、メンテナンスが必要なタイミングの目安です。

メンテナンス方法は、2種類あります。

一つは「打ち替え」という工法で、傷んだ古いコーキングを取り除いてから、新たにまたコーキング材を充填し直す方法です。

もう一つは「打ち増し」という工法で、古いコーキングはそのままで、その上からコーキングし直す方法です。

コーキング部分は劣化が早いので、できれば古いものはしっかり取り除く「打ち替え」をおすすめします。

安い料金を提案するために「打ち増し」で済ませてしまう業者もいるようですが、安全性や家自体の寿命をかんがえると、多少コストはかかっても、できるときにきちんと「打ち替え」しておいたほうがいいのです。

見積もりや、詳しい工法などについては、地元茅ヶ崎の信頼できる「翼工業」に、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top