ブログ

クラック、外壁のヒビ割れの原因と対策について

クラックの種類と原因について

クラックとは、外壁に生じるヒビ割れのことです。

クラックには、主に4種類のタイプがあります。

外壁表面の塗料の膜(塗膜)だけのヒビ割れが「ヘアークラック」。

内部の外壁材にまでヒビ割れができている可能性のあるものが「乾燥クラック」、「構造クラック」、「縁切れクラック」です。

以上の4種類について、その原因をみていきましょう。

・ヘアークラック

塗膜にできる髪の毛のような細さのヒビ割れということで、こう呼ばれています。

主な原因は、紫外線や風雨による経年劣化です。

また、弾性素地の上に硬質塗料を塗ってしまった場合など、塗装方法の選択ミスが原因の場合もあります。

・構造クラック

主な原因は、地震や構造的な欠陥による建物の歪み、あるいは地盤沈下などにより建物が傾き、無理な力が加わることです。

・乾燥クラック

モルタルなど湿式工法の場合には、塗料の乾燥過程で収縮(やせ)が生じ、これが原因でヒビ割れが起こります。このタイプが乾燥クラックです。

・縁切れによるクラック

同じく、湿式工法の場合には、通常は一度に塗り切ってしまいます。

何らかの理由(増築など)によって、塗りつぐと、それが原因で塗料の新旧の境目にヒビ割れができます。

これが縁切れクラックです。

クラックの対策法について

・ヘアークラック

このレベルのクラック(髪の毛の細さ、約0.3mm以下位まで)のうちは、すぐに対策をとらなくても大丈夫です。

しかし、放置しているとヒビ割れから雨水や湿気が染み込んで劣化が進みます。

チョーキング(手で触れると塗料の粉がつく)など塗膜劣化の症状が現れたら、塗り替えを行うことが必要です。

逆にいうと、ヘアークラックのうちに早めの対策をしておけば、内部の外壁材を傷めずに済むので、工事費用は最小限で済みます。

・乾燥クラック

シーリング材をヒビ割れにすり込みます。

不十分な場合には、充填材(フィラー)による下地の補修が必要です。

・構造クラック

構造的な補強をしないとヒビ割れが進む危険性があります。

外壁材にまでヒビ割れが生じているため、表面的に処理しても不十分です。

クラックに沿って、外壁材をV字(またはU字)型にカットした目地に、シーリング材をしっかりと充填します。

・縁切れクラック

基本的には構造クラックの場合と同じで、シーリング材の充填工事が必要です。

実際にどの種類でどの程度のクラックか、ということは、専門家でないとなかなか判断しにくいものです。

しかし、いずれにしても早めの対策が、費用を最小限に抑えるためにも大切です。

まずは外壁の診断から、お気軽に、地元茅ヶ崎の「翼工業」に、是非お任せ下さい。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top