ブログ

屋根のメンテナンス、リフォーム基礎講座

屋根塗装の大切さ

家の劣化の最大の原因の一つ、それは雨です。

地震や台風など、不測の事態による被害も深刻ですが、地域差はあるとしても、雨の降らないところというのはありません。

この雨から家の構造部分を守ってくれるのが屋根です。

そして、さらにその屋根を雨だけでなく、太陽光線や潮風などによるダメージなどから守ってくれるのが、屋根の塗膜(塗料によるコーティング)なのです。塗装の大切さは、この点にあります。

つまり、塗膜がしっかりと機能している状態であれば、屋根材の傷みを最小限に抑えることができ、雨漏りのリスクも防ぐことができるのです。

適切なタイミングで、定期的な塗り替えを行っていれば、結果的に家自体の健康寿命を延ばすことができるでしょう。

メンテナンスやリフォームについて

屋根のメンテナンス・リフォームの方法は、主に次の3つです。

a.「塗り替え」…塗膜に劣化がみられるものの、基礎部分まで傷んでいない場合には、塗り替えだけで済みます。使用した塗料の種類などにもよりますが、適切な塗り替えのタイミングは、一般的には10年が目安といわれています。

b.「重ね葺き(カバー工法)」…塗膜劣化だけでなく、屋根材が傷んでしまった場合には、今ある屋根はそのままで、その上から新しい屋根材を被せます。

工期や予算的には比較的少なくて済みます。

c.「葺き替え」…基礎まで傷んでしまった場合には、丸ごと新しい屋根に交換せざるをえません。

かなり大掛かりな工事となります。

定期的な塗装のメリット

以上のことからも分かる通り、定期的な塗装を怠っていると、雨漏りなどによって傷みが進み、場合によっては、大掛かりな改修になることも考えられます。

つまり、塗り替えをしっかりと行っておくほうが、メンテナンス費用の面でみても経済的なのです。

その他のメリットとしては、塗膜の機能を維持することで屋根材を守り、雨漏りだけでなく、錆やカビの発生も予防できることが挙げられます。

また、塗料の種類によっては、遮熱・断熱性に優れたものもあるので、夏はすずしく・冬あたたかい室内空間を作り出せるでしょう。

これもまた光熱費が節約できるお得なメリットといえます。

さらに、塗り替えによる最大のメリットの一つが、家の美観向上です。

美しく生まれかわった外観により、資産価値もアップしますが、なにより気分までアップすることがうれしいメリットです。

屋根の塗装はもちろん各種リフォームまで、施工実績の豊富な地元茅ヶ崎「翼工業」に、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top