ブログ

外壁のメンテナンス、定期的な塗り替えのメリット

外壁の塗り替えはなぜ必要か?

外壁の塗り替えのタイミングは、外壁材の種類や使用した塗料にもよりますが、一般的には、10年前後といわれています。

実際の塗り替え時期を見極めるためには、チョーキング(触れると粉が付く状態)やヒビ割れ(クラック)やハガレなど、劣化の症状の有無をチェックすることが必要です。

劣化の症状がある程度進んでしまっている場合には、信頼できる業者に依頼して、一度しっかり診断してもらうことをおすすめします。

こうした症状を放置したままにしていると、水分が染み込み、やがては建物の内部にまで腐食が進んでしまうこともあるでしょう。

そうなってしまうと、大掛かりな工事になるため、工期や費用の負担も大きくなります。

すでに壁に亀裂(クラック)などがある場合には、塗り替えの前に、下地の補修作業が必要です。

できれば、外壁内部にまでダメージが及ぶ前に、定期的な点検を行っておくこと。

そして、適切なタイミングで、塗り替えを行うことが、メンテナンス費用を最小限とするためにも必要です。

塗り替えの具体的なメリット

家の傷みの最大の原因は、やはり雨です。

屋根や外壁の傷んだ部分から、雨水が染み込むことが一番の大敵です。

定期的な塗り替えをきちんと行っていれば、この水による被害をしっかりと防ぐことができます

これが最大のメリットです。

塗料によっては、防水機能が高いだけでなく、必要な湿気だけは通すという優れた性質(透湿性)をもつ種類もあります。

この種の塗料で塗り替えれば、結露を防ぎ、アレルギー源であるカビの発生も防ぐことが可能です。

また、雨以外にも、地震や台風などによる被害も家の劣化の大きな原因といえます。

例えば、耐久性に優れたシリコン系の塗料を使用すれば、振動や暴風による外壁材へのダメージも最小限に抑えられるでしょう。

その他、おサイフに優しいメリットもあります。

きちんと塗装された塗料の膜(塗膜)は、夏の紫外線や冬の外気から壁材や室内空間を守ってくれます。

つまり、夏は外壁表面の温度上昇を、冬は冷気の侵入を軽減してくれるので、冷暖房費の節約ができ、とても経済的です。

また、見逃せないメリットとしては、美観の向上も挙げられます。

綺麗に塗り替えることによって、建物の見栄えはもちろん資産価値までアップします。

以前の壁の色と全く違う色にしてみるというイメージチェンジも可能です。

外壁塗装の色選びや塗料の機能性などについては、信頼と実績の、地元茅ヶ崎「翼工業」に、是非お気軽にご相談下さい。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top