ブログ

塗装用の塗料にはどんな種類がある?

一口に「外壁塗装」と言っても、使用する塗料にはさまざまなタイプがあり、機能もそれぞれ異なります。

では、一般的に使用されている外壁用塗料の種類と、各々に関する特徴をご紹介しましょう。

コスパが良いのは「シリコン塗料」

耐用年数が8年から10年前後で最も一般的に使用されているのが「シリコン塗料」です。

防水性が高く、汚れが付きにくいという特徴があります。

また、色落ちしにくいことやカビが繁殖しにくいという利点もあるため、外壁だけでなく屋根の塗装でも広く活用されているポピュラーな塗料です。

色のバリエーションが多いので、選ぶ楽しみがあるというのも魅力でしょう。

ただし、同じシリコン塗料でもメーカーやグレードによって耐用年数や平米当たりの単価が大きく異なります。

また、水性と油性の2タイプがあるので、予算や気候に合わせてチョイスすると良いでしょう。

耐久年数が高い「フッ素塗料」

「フッ素塗料」は、平均耐用年数が15年を超えるという際立った特徴を持っています。

また、塗料の表面には汚れを弾く効果があるため、雨が降った後でも外壁が汚れにくいというのも強みです。

加えて、寒暖の差や強い日差しなどでも劣化が起こりにくい、というメリットもあります。

こうした特性を踏まえて、「家屋全体は無理だけれど屋根にはフッ素塗料を使用してほしい」という人は少なくありません。

シリコン塗料と比較すると平米当たりの値段はやや割高ではあるものの、耐用年数の長さや高い防汚効果などを考慮すると、やはりコストパフォーマンスが良い塗料と言えるでしょう。

シリコンとフッ素の良いとこ取りをしたのが「ラジカル塗料」

2015年から発売されるようになった「ラジカル塗料」は、塗料の経年劣化を防ぐために「高耐候酸化チタン」と「光安定剤」という2種類の成分を配合しています。

これにより、水や紫外線に対する高い耐久性を持たせることに成功しました。

カビが繁殖しにくいことや、下地がどのような塗料であっても重ね塗りができるというのも特徴です。

加えて、平均的な耐用年数が12年から14年程度で、シリコン塗料よりも長いという点が注目されています。

平米単価もフッ素塗料ほど高価ではないというのも大きなメリットでしょう。

湘南エリアで外壁塗装を中心としてサービスを提供している翼工業には、各種塗料に関する専門的な知識を持った一級技能士が数多く在籍しています。

見積もりは無料ですので、「どの程度費用が発生するか知りたい」という方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top