ブログ

室外機廻りもケアをしっかりと

こんにちは!

(株)翼工業の西澤です。

最近は暑い日が続いてます。。。こんな時はエアコンが効いた部屋でゴロゴロしてたい。。。

ということで、今回はエアコンの室外機廻りについて!!

塗装業者が何故?と思いますよね(;・∀・)

室外機とエアコンを繋ぐ配管に注目です!

室外機の配管位置によっては、どうしても外から見える部分があります。

例としては、2階から1階に配管を落とすと、外から見えます。

そこに見える配管に多いのがスリムダクトという配管カバーが付いているか保護テープで巻かれているか、

スリムダクトであれば、スリムダクトの背面を取り外し、

しっかり裏まで塗らせて頂いてます!

取り付けたまま塗装するよりも断然、取り外してから塗装する方が綺麗ですね。

ビスの位置もわかるように施工しているので、戻す際に新しい穴をあけるということもしません。

ただし、ビス穴が効かない場合には新しい穴をあけさせていただく場合がございます。

また、保護テープの場合、保護テープの汚れが目立ってしまいます(´・ω・`)

外壁を綺麗にしても保護テープが汚れていると、せっかくのリフォームが(´・ω・`)

その為、室外機の配管に巻かれている保護テープも、

我ら翼工業はしっかり巻いていきます(^◇^)

写真のように、新しい保護テープを古いテープの上から巻いていきます。

どれだけ配管が長くても、巻いていきます!!!!!!!!!!!!!!!

ぜひ、「うちの配管は長さが自慢だ!」という方、

我ら翼工業に挑戦させてください(`・ω・´)

塗装工事のご相談を、お忘れなく(; ・`д・´)

それから水分補給もお忘れなく!

外壁塗装、リフォームの事なら(株)翼工業にご相談ください!!

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top